フッ素ははじめが肝心

虫歯の進行を抑える

虫歯の進行を完全に止めることは、不可能なことといえます。 しかし、少しでも虫歯の進行を遅らせたり、虫歯の進行を防ぐことは色々な方法で可能なことです。
具体的には、毎食後に歯磨きする事は勿論のことですが、歯ブラシの他にも糸ようじや歯間ブラシ、デンタルフロスも併用して歯磨きをして、歯垢や歯石及び虫歯の原因菌を徹底して排除する事に心掛けましょう。
また、歯磨き粉としては、フッ素入りのものを使用する方が効果的です。

フッ素で虫歯予防

フッ素が多く含まれる歯磨き粉には、歯垢や歯石及び虫歯の原因菌から歯を守ってくれるコーティングを、歯の表面に対して形成する作用があります。
もともとフッ素入りの歯磨き粉での歯磨きは、虫歯になる前の歯を虫歯から予防するのに有効な方法ですが、虫歯に対しても虫歯の進行を防ぎ何もしないよりは良いと思います。

フッ素塗布の開始時期

フッ化物を活用することで歯の表面のエナメル質を強くし、虫歯になりにくくします。
したがって、虫歯がないうちからの予防が望ましいでしょう。
一般的には、1歳6ヶ月頃になると上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。
フッ化物は歯が生えてきた時から塗りはじめられますが、年齢に応じた利用法があります。
初期の虫歯の処置は、出来るだけ虫歯が進行しない早い段階に行うのがセオリーで、大体の歯が生え揃う幼児の頃に行うのが効果を発揮します。
未完成の歯として生えた揃った頃の乳歯は、虫歯の原因菌に犯されやすく、初期の虫歯の現象に陥りやすい歯と言えます。
幼児の早い段階で歯の表面にフッ素を塗布すると、歯にミネラルを供給し虫歯の原因菌に強い歯にしていきます。

小さいお子様なら小児歯科へ

小さい頃から虫歯に気をつけていると、
永久歯に与える影響も少なくなるのでお勧めです。
乳歯は虫歯でう触が進んでも抜歯することはめったにありません。
永久歯に与える影響があるからです。
虫歯治療を行なってフッ素をぬって様子を見るなどをしますが、
虫歯のない段階から小児歯科へ通っていると虫歯になる確率もうんと低くなります。
生活習慣の見直しでも乳歯は守ることができます。
ダラダラと甘いモノを与えない。
歯磨き習慣を身につけさせ仕上げ磨きをするなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です