結婚式の費用がたまるまで?

二人で結婚式の費用がたまるまで頑張る。
最近はそのようなカップルが少なくなった気がします。

結婚式の費用って、お祝い金をいただくことを考えるとプラマイゼロになることもあります。
親が出すというカップルもいますが、出来れば自分たちで出したほうがいいかなと思うのは私の考え。

しかしそれよりも大切にして欲しいのが結納ではないかと思うんです。

娘さんをください。
結婚しますのでこれをおさめてください。

これって凄く大切なことで結婚式よりも重視したほうがいいのではと。
古臭いと言われるかもしれませんが、これまで大切に育ててきた親御さんへのきちんとした挨拶と約束の意味が込められているのです。

結婚にかかる費用は?

結婚にかかる費用はどれくらいなのでしょう?
結婚式をあげ、新婚旅行にいくのならそれなりに費用がかかり、200万円以上は必要になるかもしれません。
もちろん規模にもよります。

でも最近は結婚式をあげないカップルが増えており、すぐに同棲をし、妊娠したら籍を入れるというスタイルも増えています。
それだと費用はさほどかかりませんね?
新しく居を構えるとし、互いが実家から出るとなれば新しい住まいにかかる費用と家具家電などにお金がかかります。
でもどちらかがすでに広めのマンションに住んでいるのならそれほど費用はかかりません。

納得の行くウェディングを

結婚式にお金を掛ける必要はないと思います。

沢山の方をお招きして披露したいという気持ちがあるのなら別ですが、要は二人で納得できるウェディングをしたほうが良いと思うのです。

先日初めてリゾートウェディングに参列しましたが、長ったらしさもなくてシンプル、自由に席について主人公の二人を見てる。
式場の演出で各自にシャボン玉が渡され二人が退場するときにそれを吹くのです。
時間的にもかなり短いものでしたが最高の思い出になったことと思います。

その後は参加者だけでコテージを借りてバーベキューをしました。
泊りがけでしたので、時間をゆっくりと過ごすことができました。
コテージと飲食代で一人頭1万円弱くらいで済んだかと思います。

そもそも、結婚式はあげたほうがいい?

最近は結婚式を挙げないカップルが増えていますね。
まあ、それはそれでいいとして、結婚式ってあげたほうがいいのでしょうか?

私自身、結納、挙式披露宴をした方ですが、そのようにして多くの方にお披露目するメリットとしてはお祝いが頂けるということです。
つまり、式次第にかかる費用が、いただくお祝い金などによってプラスマイナスゼロということになる事が多いからです。

ただ、リゾートウェディングの場合はそうでもなさそう。
規模にもよりますが、沢山の方を招待する場合は費用がプラスマイナスゼロとなる確率が高く、親族だけという場合には持ち出し金は必要ということになります。

ご両親が負担される所も多いようですがわたし的には、本人負担が一番良いと感じています。

色々書きましたが、やはり一番は本人たちの意向でしょうね。
うちの子ども達が当事者になるのはまだまだ先ですが、温かく見守りたいと思います♪

結婚式はしないけど、写真だけを残したい…そんなカップルを応援してます♪

,

温かくなってきて、ガーデニングにも本腰を入れたいところ…
でも家の外回りがまだ何も手付かずなんですよね(+_+)悩ましい!
そんなわけで、ガーデニングやエクステリアについてちょっと調べてみました。

外構工事とは?

せっかくお家を建てたのに庭や外回りが土やコンクリート丸出しでは少し寂しいですよね。
見栄えはもちろん防犯や安全面も心配です。
ガーデニングを始めたいと思っても、なんだか味気ない…。というかまずは外側を何とかしないと!

そんなときに考えるのが、外構(エクステリア)です。
外構工事っていうと、あんまり一般的な言葉じゃないと思いますが、簡単に言えば、お家の外回りの工事一般ですね。
例えば外壁の工事とかです。最近は外壁をきちんとしたものに変えるような外構工事が多くなってきているようです。
なにしろ物騒な世の中ですから、いきなり庭に知らない人が入ってくるといったことも考えられます。
きちんとした門扉と外壁があればある程度は、そういった危険から子どもたちを守ることができるでしょう。

板塀にしたら便利

ガーデニングが好きなら、板塀を入れるのも一つの手です。
裏側は日が当たらないのなら、庭に間仕切りのような形で取り付け、
裏側にガーデニング道具を収納できるフックを取り付けるのです。

日差しが当たる側にはフックをつけて花鉢を飾るのもいいですし、
板塀と家の屋根、またはガレージの屋根を金網でつなげ、
ツタ植物を育てていくのも良いと思います。
つるバラでもいいですよね?

板塀にすると隙間を作ることもできますので、通気性も良いものです。
板ということでフックも取り付けやすくなります。
植物の屋根を作れば夏も快適に過ごすことができます。

板塀はオシャレ

昔だと板塀はごく一般的でした。
縦に並べられた板塀で屋敷を囲むのですが、昔のそれは古臭いというイメージのあるものでした。

しかし今は違います。
オシャレなカフェでも使われていますし、ガーデニングのお店でも使われており、新築の家で外塀としても取り入れられています。

板塀の場合安いというのが一番かもしれません。
キットとして売られているものもあるからです。

オシャレで機能的、しかもお安いとなると魅力いっぱいー!
近くでいいところ探してみよう♪

どんな風にしようか、わくわくしちゃいますね〜♪