住宅リフォームの基礎知識

新築だったキレイな家でも、時が経てば修理や改修が必要になります。
屋根、外壁、床などはもちろん、水周りや建て付け等、古くなってきます。
長持ちさせたい、今よりも便利な暮らしをしたいと思う人にとって、リフォームは欠かせない通過点。失敗しないリフォームをするためは、様々な準備や下調べが大変重要になってきます。

リフォームで失敗しないために

リフォームでは絶対に失敗することが無いようにしましょう。床の張替えなどを計画されているのなら、家の柱や梁、床下の状況まで見てもらい、再工事にならないように多少お金はかかっても専門の業者に見てもらうことをおすすめします。
リフォームの時に一時的に別の場所にすまなければならなかった時、再工事や延長となると、その分の家賃まで発生してしまいます。タダでどこかに住まうことが出来ればいいのですが、殆どの場合賃貸物件を借りて一時的に住まうため家賃はその分発生してしまうのです。工事業者のミスであればその分の費用が請求できるかもしれませんが何も出ないことが多くあるようですので慎重になってください。
外壁塗装を考えている場合も、大がかりな工事になりますから外壁の状況を十分に調査してもらい実際に塗り替えが必要な時期なのかどうか見極めてもらえると一番いいですね。

仙台市周辺で外壁塗装、屋根防水塗装をお考えのあなたへ

仙台の外壁塗装会社 ヤブ原産業株式会社では塗装のプロが最適な塗料を選定いたします。また長持ちするように塗り厚みを重視して塗装します。
私どもでは塗装のプロが調査し、外壁塗装工事の適切な時期と範囲を判断します。
また、外壁塗装工事の範囲についても無駄が無いように最適な範囲を見定めています。
これが無駄な費用負担が生じないようにする工夫の1つでもあります。
適切な外壁塗装の時期と範囲と内容が、費用の掛け過ぎを防ぎ、最適な費用のご負担を実現できるのです。 広告費や営業マン経費など、塗装工事以外のムダな費用は一切カット。大手と比較しても最低12%は低価格を実現しています。高圧洗浄、防水工事、シリコン、ウレタン塗料など耐熱施工も致します。

業者選びに時間がかかっても

リフォームを成功させるには業者選びを慎重に行うことです。「完成はいつ」それを決めて工事をしてもらうでしょうが、完成の日にちが伸びるようであっても、良い業者を選ぶようにしてください。

業者選びは慎重に―外壁塗装工事の場合

ある例ですが、とてもお粗末な結果となりました。急ぐあまり業者選定をミスしてしまい、外壁のリフォームが不完全なままに終わってしまったのです。外壁塗装を急いだ場合起こりうるのですが、プツプツとした気泡が生じさらにそれが破裂した部分も多い状態でした。
困り果てて修正依頼をしても担当者が来ないばかりか、営業の方は毎日やってきてサインをせがんだのだそうです。クレームを出すことと、値下げ交渉をする決断をしたそうですが、未だに解決していません。大金が動く工事ですので、時間がかかっても慎重に業者選びをしなかったためにそうなったのです。

その後納得がいかずサインをせずにいたところ、その会社の専務が訪れたそうです。明らかに失敗であろう部分を数カ所見てもらったところ、何度も謝ってきて、その専務も他のミスを次々と発見し、平謝り状態だったそうです。工事と支払いがどうなったかというと、一からやり直すすることで話がつき、工事代金の半分を収め、あれだけ時間がかかってミスした塗装工事なのに、あっという間に完璧に仕上がったのだそうです。なぜミスをしてしまったのでしょう。理由は聞いていませんが、ミスに妥協する必要は絶対にしないほうが良いと思った例でした。

何度も足を運ぶ

リフォームを失敗に終わらせないためには時間を作ってでもデキるだけ工事している間足を運ぶことです。業者に邪魔扱いされても通ってください。3時とかならおやつを持って行くと良いかもしれません。それなら邪魔にならないでしょうし、邪魔とも言えません。工事をしている最中をみせないというのはとんでもないことで、依頼した側には見る権利があるのです。
もしおかしいと思う箇所があればそれを担当されている方に聞いてみる。契約を結んだ時の担当者に言う、現場責任者に話すことも肝心です。手抜きや指定した素材が違うということになってはいけません。完成した後となれば、もし他のところに一時的に居を移している場合その間の家賃も余分に出てしまいます。

リフォームが成功するとはどういうことか

古くなった内装、使い勝手が良くなかったキッチン、開かずの間とかした小さな部屋。家の中にそのような空間があるとリフォームを考えることでしょう。
使い勝手が良くなかったキッチンなら、常にそこを使っている主婦などがリフォームを提案します。リフォームをすることで調理が楽にでき満足を得たいからです。
浴室ならどうでしょう?トイレならどうでしょう?家族の多くが不便、汚いと感じるからこそリフォームを希望します。満足が得たいのは家族全員。ここまで書いたのなら分かるかと思いますが、リフォームは家族それぞれに満足を得たいから希望するのです。不都合を解消したいからお金をかけてまで満足したいからリフォームを希望するのです。リフォームを成功させるには、不満解消できるかということなのです。
外装も同様です。外壁が経年とともに汚れ・黒ずみ、ヒビ等気になる部分が出てきます。人が訪ねてきた際など、まず目につく場所です。第一印象といっても過言ではありません。もちろん家を守るための耐久性も考慮しなければなりません。

結婚式の費用がたまるまで?

二人で結婚式の費用がたまるまで頑張る。
最近はそのようなカップルが少なくなった気がします。

結婚式の費用って、お祝い金をいただくことを考えるとプラマイゼロになることもあります。
親が出すというカップルもいますが、出来れば自分たちで出したほうがいいかなと思うのは私の考え。

しかしそれよりも大切にして欲しいのが結納ではないかと思うんです。

娘さんをください。
結婚しますのでこれをおさめてください。

これって凄く大切なことで結婚式よりも重視したほうがいいのではと。
古臭いと言われるかもしれませんが、これまで大切に育ててきた親御さんへのきちんとした挨拶と約束の意味が込められているのです。

結婚にかかる費用は?

結婚にかかる費用はどれくらいなのでしょう?
結婚式をあげ、新婚旅行にいくのならそれなりに費用がかかり、200万円以上は必要になるかもしれません。
もちろん規模にもよります。

でも最近は結婚式をあげないカップルが増えており、すぐに同棲をし、妊娠したら籍を入れるというスタイルも増えています。
それだと費用はさほどかかりませんね?
新しく居を構えるとし、互いが実家から出るとなれば新しい住まいにかかる費用と家具家電などにお金がかかります。
でもどちらかがすでに広めのマンションに住んでいるのならそれほど費用はかかりません。

納得の行くウェディングを

結婚式にお金を掛ける必要はないと思います。

沢山の方をお招きして披露したいという気持ちがあるのなら別ですが、要は二人で納得できるウェディングをしたほうが良いと思うのです。

先日初めてリゾートウェディングに参列しましたが、長ったらしさもなくてシンプル、自由に席について主人公の二人を見てる。
式場の演出で各自にシャボン玉が渡され二人が退場するときにそれを吹くのです。
時間的にもかなり短いものでしたが最高の思い出になったことと思います。

その後は参加者だけでコテージを借りてバーベキューをしました。
泊りがけでしたので、時間をゆっくりと過ごすことができました。
コテージと飲食代で一人頭1万円弱くらいで済んだかと思います。

そもそも、結婚式はあげたほうがいい?

最近は結婚式を挙げないカップルが増えていますね。
まあ、それはそれでいいとして、結婚式ってあげたほうがいいのでしょうか?

私自身、結納、挙式披露宴をした方ですが、そのようにして多くの方にお披露目するメリットとしてはお祝いが頂けるということです。
つまり、式次第にかかる費用が、いただくお祝い金などによってプラスマイナスゼロということになる事が多いからです。

ただ、リゾートウェディングの場合はそうでもなさそう。
規模にもよりますが、沢山の方を招待する場合は費用がプラスマイナスゼロとなる確率が高く、親族だけという場合には持ち出し金は必要ということになります。

ご両親が負担される所も多いようですがわたし的には、本人負担が一番良いと感じています。

色々書きましたが、やはり一番は本人たちの意向でしょうね。
うちの子ども達が当事者になるのはまだまだ先ですが、温かく見守りたいと思います♪

結婚式はしないけど、写真だけを残したい…そんなカップルを応援してます♪

,

温かくなってきて、ガーデニングにも本腰を入れたいところ…
でも家の外回りがまだ何も手付かずなんですよね(+_+)悩ましい!
そんなわけで、ガーデニングやエクステリアについてちょっと調べてみました。

外構工事とは?

せっかくお家を建てたのに庭や外回りが土やコンクリート丸出しでは少し寂しいですよね。
見栄えはもちろん防犯や安全面も心配です。
ガーデニングを始めたいと思っても、なんだか味気ない…。というかまずは外側を何とかしないと!

そんなときに考えるのが、外構(エクステリア)です。
外構工事っていうと、あんまり一般的な言葉じゃないと思いますが、簡単に言えば、お家の外回りの工事一般ですね。
例えば外壁の工事とかです。最近は外壁をきちんとしたものに変えるような外構工事が多くなってきているようです。
なにしろ物騒な世の中ですから、いきなり庭に知らない人が入ってくるといったことも考えられます。
きちんとした門扉と外壁があればある程度は、そういった危険から子どもたちを守ることができるでしょう。

板塀にしたら便利

ガーデニングが好きなら、板塀を入れるのも一つの手です。
裏側は日が当たらないのなら、庭に間仕切りのような形で取り付け、
裏側にガーデニング道具を収納できるフックを取り付けるのです。

日差しが当たる側にはフックをつけて花鉢を飾るのもいいですし、
板塀と家の屋根、またはガレージの屋根を金網でつなげ、
ツタ植物を育てていくのも良いと思います。
つるバラでもいいですよね?

板塀にすると隙間を作ることもできますので、通気性も良いものです。
板ということでフックも取り付けやすくなります。
植物の屋根を作れば夏も快適に過ごすことができます。

板塀はオシャレ

昔だと板塀はごく一般的でした。
縦に並べられた板塀で屋敷を囲むのですが、昔のそれは古臭いというイメージのあるものでした。

しかし今は違います。
オシャレなカフェでも使われていますし、ガーデニングのお店でも使われており、新築の家で外塀としても取り入れられています。

板塀の場合安いというのが一番かもしれません。
キットとして売られているものもあるからです。

オシャレで機能的、しかもお安いとなると魅力いっぱいー!
近くでいいところ探してみよう♪

どんな風にしようか、わくわくしちゃいますね〜♪